自動車ローンの種類とディーラーローンについて!シュミレーションは必要?

自動車ローンの種類について

自動車ローンを利用して車を購入する人は少なくありません。
自動車ローンには色々なものがあります。
ディーラーローンは、自動車ローンの中でも申し込み手続きが容易です。
ディーラーローンとは、車を買った時にその販売会社の紹介で利用できるクレジット会社を使うものです。ある程度の安定した収入があり、ブラックリストに名を連ねていなければ、基本的には審査は通貨します。車を買う時にローンの手続きも一緒にできる上、自動車販売会社が仲介になってくれるので手続きは楽ですが、比較的金利が高いようです。たまに低金利キャンペーンなどもやっていますので上手に利用すればお得に自動車ローンを組むことができるでしょう。

ディーラーローンを利用するよりは、銀行や信用金庫の自動車ローンの方が低金利の融資が受けられます。
ただし審査のハードルは高めに設定されています。

金融機関によっては、ローンの希望額が年収などの返済能力に比して大きすぎるとして、断ってくることもあるといいます。
自動車ローンを銀行から借りた場合、5年~7年という長期のローンも借りられます。
ただし、必要書類に自動車販売店の見積書や、購入する自動車の契約書などが必要になり、審査の待ち時間も長めです。

低金利で自動車ローンを利用したいという時は、JAや労金を使ってもいいでしょう。
ただし、保証金などがかかることがあります。
自動車ローンにはいくつか種類がありますので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

自動車ローンシュミレーションの必要性 

どうして、自動車ローンのシミュレーションをしておくといいのでしょうか。
ネット上には、ローンのシミュレーションサイトがたくさんあります。

ローンの比較サイトや、金融会社のサイトなどで気軽に使えます。
借りたお金を間違いなく返済することが可能かどうかを検証するために、シミュレーションを使います。
あらかじめ決まった金利によって算出された利息が、ローン返済時にはプラスされます。

金利と融資金額、借入期間がわかれば、利息を試算することができます。
自動車ローンのような大口のローンの場合、借入期間も長期になりますので、利息計算もややこしくなってきます。
無理なく返済できる範囲の融資になっているかを調べるには、シミュレーションが効率的です。

ローンの利用はお金が絡むことです。一旦借りておいて、やっぱり返せないので、契約はなかったことに・・・とはいきません。

ローンの返済は、毎月同じ金額を支払うだけでなく、他の手段があります。

ボーナスの時だけ余計めに返済をしたり、金銭的に余裕がある時に繰り上げて返済をするというやり方です。
自営や、歩合で働いている人は、毎月の収入が多い月と少ない月がある場合があります。
給与状況は人それぞれですので、返済の負担をどの程度に見積もればいいかも、個人によって違いがあります。
条件を変えながらシミュレーションを行い、自分の収入や支出と比較して最もいい返済の仕方を探していく方法がいいのです。

シミュレーションの結果、このプランが最もいいだろうというものを見つけた時に、それで本当にいいのかを多角度から考える必要があります。

丁寧にシミュレーションをして、無理のない返済計画をつくって、自動車ローンを組みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください