子育てにかかる費用の総額は?もらえる給付金について!

こんにちは。

今日は仕事が休みだったのだが、部屋を片付けていると 娘の小さい頃の写真が出てきました。
もう既に娘は高校生だが、ふと「今まで子育てにどれくらい費用がかかってるのかな?まだ大学進学するならまだまだかかるよな?」と思いました。

そこで、今回は 子供が生まれてから 「子育てにかかる費用はどれくらいかかるのか?」
更には もらえる給付金についても書いていこうと思います。

スポンサードリンク
[ad#co-2]

子育てにかかる費用の総額はどれくらい?

一般的に「子育てにかかる費用」=「教育費」と「養育費」の合計と言われています。
「子育て費用は?」と言われて すぐに思いつくのは「教育費」でしょう。

教育費は 簡単に言うと 学校や塾、受験や稽古事など 教育関連にかかる費用の事です。

しかし、出費はそれだけではなく 子育てをする上でかかる食費や洋服代、おもちゃや文具代、レジャー費用など
教育費以外の費用が「養育費」に該当する。この養育費も意外とかかるので、「子育てにかかる費用」は 家一軒建つ位の費用が掛かると言われています。

 

では、具体的に実際どれくらいかかるのでしょうか?

調べたところ、養育費は 出産から大学卒業まで 一般的に子供から社会人になるまでの22年間で 約1640万円と試算されています
この養育費は その都度かかるので、最初から準備するというより、給料やボーナスからしっかり払えるようにしておいた方がいいようです。
養育費に関しては 地域差はあるものの、平均額に大差はないということだが、教育費は子供の進路によって 大きく異なります。

 

今度は 教育費について調べてみると、ひとりの子供にかかる教育費は 幼稚園から高校までで(公立の場合約504万。
国公立の大学に進学となると4年間で約511万。・・これからすると、 公立高校、国立大学に進学する場合 教育費は約1015万円。
さらに 私立幼稚園から私立理系大学と考えると約2456万円にもなります。

ということは、教育費は 約1015万~2456万ほど掛かる計算になって、養育費1640万円を加算すると

 

子供の誕生から大学卒業まで2655万円~4105万円かかるという計算になります。

そう考えると 大学に行かせてもらった私にも 当然費用がかかっているわけで その点は両親に感謝しています!!

Pexels / Pixabay

 

もらえる給付金について

最初に書きましたが、今現在 娘は高校生で 「給付金は 中学生まではもらってたよな」と思い出しました。
以前は 児童手当(子供手当)として支給額の変更もありましたが、2016年を調べてみたところ、
0~3歳未満 15000円
3歳~小学校入学前10000円(第1子・2子) 15000円(第3子以降)
中学生10000円
とこのようになっていて 4か月ごとの支給となっています。(申請は必要)

[ad#co-1]

よくよく考えるとこういった給付金は 後々の為に貯金するのが妥当だと思います。

それでは今回はここまで。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください