「麻雀放浪記2020」のキャストに驚愕!原作やあらすじについても!

ピエール瀧さん出演映画「麻雀放浪記2020」の公開が決定し、
多方面において、大きな波紋を呼んでいます。

逮捕されて以来、CMやテレビ、ラジオ番組などの違約金や
損害賠償が高額であることに注目が集まっていましたが、
この映画もお蔵入りすることが決まれば、損害賠償はさらに多額なものになったと思われます。

映画公開決定報道は、ピエール瀧さんや白石監督の作品のファンにとっては、
まさかの展開に驚いているかも知れませんね。

「麻雀放浪記2020」について掘り下げて見てみると驚愕するような事実を発見!
出演者の中にこれまた驚きの人物がいるのです。
主なキャストには名前が挙がっていないので、チョイ役出演ですね、おそらく。

そこで今回は、麻雀放浪記2020のキャストに注目。

併せて原作やあらすじについてみていきましょう!

スポンサードリンク

 

主なキャストにない、驚きの人物とは?

発表されているキャストは以下の通り。

主なキャスト

坊や哲:斎藤工
ドテ子:もも(チャラン・ポ・ランタン)
八代ユキ:ベッキー
クソ丸:竹中直人
ドサ健:的場浩司
出目徳:小松政夫
ドク:岡崎体育

監督:白石和彌

ちなみに、ピエール瀧さんは、「2020年の五輪組織委員会の元会長役」で出演しています。

とここで、冒頭に話した驚きの人物の発表です。

その人物の名は、全身整形に総額2億円以上を費やしたという、

タレント・ヴァニラ

です。

出演がわかったのもつい最近なので、
まだあまり知られていない事実ではないでしょうか。

なぜ、個人的にキャストに驚愕したか・・・・もうおわかりでしょうか?

ピエール瀧
ベッキー
ヴァニラ

そう、芸能界に激震を与えるような話題の張本人が3人も!
しかも、映画自体も内容設定に関して、炎上騒ぎになるなど、
公開前から何かと話題になっていましたよね。

まあ、気にならない人には大したことではないかもしれませんが・・・笑

原作は?

麻雀放浪記2020の原作は清水洋三氏の漫画であり、
阿佐田哲也の小説「麻雀放浪記」がこの作品の原案です。

「近代麻雀」で連載されています。

マンガでは、昭和20年に浅草の雀荘「オックスクラブ」で麻雀を打っていた「坊や哲」が
九蓮宝燈をツモった瞬間、落雷に打たれて2020年にタイプスリップしてしまう・・・

という内容です。

あらすじは?

”主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。
なぜ?人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、
街には失業者と老人があふれている…
そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!?
1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。
その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?”

(出典:FASHION PRESS ニュース

思うに、設定内容で炎上するのも無理はないタイミングでの公開ですよね。

炎上騒ぎに対しては、監督自身もこうコメントしています。
「企画を考えていたのは東京五輪が決まった頃でしたし、北朝鮮のロケット問題もありました。」

偶然なのか、必然だったのか・・・・

って必然だったらものすごく恐ろしいですが、、

 

スポンサードリンク







まとめ

公開前なのに、何かと話題の映画「麻雀放浪記2020」ですが、

公開後も何だか大きな話題をもってきそうな予感。

普段、どちらかというと邦画よりも洋画派の管理人も、
「まずは、原作から読んでみると映画が楽しめそう」

と考え、原作漫画の購入を検討中なのでした。

 

映画公開までは しばし待ちましょう!

それでは今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP