ランニングポリスとは?東京マラソンメンバーやカメラについて!

こんにちは。
レンジャーです。

今回も東京マラソンに関する話題を一つ。

数年前からマラソン大会の警備役として”ランニングポリス”が導入されていますが、今回の東京マラソンでも導入が確実です。

そこで今回は、「ランニングポリスとは?」という基本的な話を筆頭に、東京マラソンで警備を担当するメンバーについて、
更に、ランニングポリスが装着している小型カメラに着目して、カメラの型式など細かい部分をみていきましょう!

早速調査開始です!!

スポンサードリンク

 

 

ランニングポリスとは?

”ランニングポリス”という言葉を直訳すると”走る警察官”ですが、マラソン大会における”ランニングポリス”とは・・・

 

ランニングポリスとは、警察官が一般ランナーと一緒になって並走し、走りながら警備を行う警備形態である。
(ウィキペディアより)

マラソン大会ランナーの先導は、中継ではお馴染みの白バイ隊ですが、2015年1月のパリで起きたテロ事件以来、警察官がランナーと一緒に並走するようになりました。

更にランニングポリスについて調べたところ・・・

・全区間を走るのではなく、各区間2人1組ペアを8チーム配置して交代で走る「駅伝スタイル」を採用

しているんだそうです。

確かに一人で全区間走るのは、メチャメチャ警備が大変ですよね。

そこで発生する素朴な疑問が「ランニングポリスのメンバーは、警察官の中から選ばれるの?」ということ。

次はメンバーについてみていきましょう!

東京マラソンメンバーについて

 

機動隊員を含めた警備部所属の長距離走経験者からメンバーを選抜しました」(警視庁広報課)

何と箱根駅伝の経験者も4人含まれているとのこと。

「“5kmを16分台で走れる”が選抜基準。普段から走り慣れている者ばかりです。女性メンバーも4人いて、いずれも実業団で十分に通用する持ちタイムです」(警視庁関係者)

(15年ライブドアニュースより)

精鋭を揃えていても、走りながら不測の事態に対応するのは容易ではないのでは?と感じるのは、私だけではないはず。

ですが、ランニングポリスの狙いは・・・

 

「彼らはカメラつきの帽子を着用し、その映像を警備本部でもチェックする。いわば中継カメラマンの役割です。何らかのテロ行為が起きた時の対策は決して明かされません」
(ライブドアニュースより)

・・・ということなので、いわゆる「ランナーのボディガード」的な役割であると言えるかも知れませんね。
しかも、不審人物の発見だけでなく、病人の対応もやるというから 頼もしい存在です。

となると、「ランニングポリスが装着する小型カメラは高性能じゃないと・・・」という意見が必然的に出てきます。

次は小型カメラの性能などについてみていきましょう!

小型カメラについて

装着している小型カメラの型式を調べてみたところ、

(2015年の情報ではありますが、)

パナソニックHX-A100

であることが判明しました。

今現在の新型モデルは・・

パナソニックHX-A500

ちなみに商品レビューをみると、”自転車通勤時のドライブレコーダー”として活用している人もいます。(⇒なるほど!)
頭に装着して 自分の視線方向を撮影できるし、小型ではあるけどより細かい映像を録画できるので、ランニングポリスでも使用されています。

実業団レベルのランニングポリスメンバーと最新の4K映像を録画できる小型カメラの警備で、ランナーも安心して競技に参加できますね!

心強い限りです^^

スポンサードリンク







 

まとめ

東京マラソン当日は、参加者と応援者、開催関係者や報道関係者など、多くの人々が集います。

テロなど不測の事態を未然に防ぐ役割としての”ランニングポリス”ですが、大きな事件・事故が起きないことを切に願うばかりです。

ランニングポリスの裏舞台での活躍に期待しましょう!

それでは今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください