男が始める!節約生活は自分にもいいことたくさん!

 

独身男が始めた節約

 

今回は、サラリーマンになりたての独身時代の回想です。

休日は最寄りのスーパーマーケットなどに食材を買いに行く事はあるものの、平日は朝から夜まで仕事をしていて安い食材を求めて複数のスーパーマーケットを訪れるという事ができずにいたため、毎月発生する出費から見つめ直していました。

仕事の他に娯楽やショッピングに至るまで活用しているスマートフォンには月々1万円以上の出費をしていましたが、低価格化されているスマートフォンに変更したところ機種代金も含めて月々3千円にできたと記憶しています。

また、勤めている会社には男性に特化した保険商品を展開している保険会社が出入りする機会が多いのですが、これまで保険を契約していなかったり詳細を把握していなかった事もあり、保険会社の方が提案するプランに加入していました。

保険プランは独身の自分にとっては不要と感じられる内容も多かったため、再度保険会社の担当者が会社に来た際に相談しより一層独身の男性に適するプランに変更してもらいました。

そして、自分にはお付き合いをしている彼女がいるのですが、彼女とはお付き合いしている期間が長い上にお互いに将来の事についても真剣に考えている間柄という事もあって、デートに出かけた時の支払いについてお話してみました。

これまではデートに出かけるたびに自分が食事代などを全額支払いしていましたが、将来を考えて2人で出し合うようにしたり、デートをする場所として自宅を増やすようにしていましたね。

思い切って彼女に支払いの事について相談してみた事で著しく2人の間の関係性が親密になりましたし、自宅でゆっくりと過ごす機会が長くなった事によって将来の事を話し合う事も増やせました。

さらに、毎日仕事を夜遅くまでしている事もあって外食で食事を済ませていましたが、節約生活の一環として自炊をするようになってから2万円から3万円も食費が抑えられました。

休日に作り置きしておく事はもちろん、手早く作れるようにメーカーが販売している野菜などに混ぜ合わせるだけで簡単に本格的な料理が完成する商品も活用してました。
まあ、最初の頃は四苦八苦してましたが・・・^^;

スポンサードリンク







節約生活で自分にいいことたくさんみつけた!

成長し自分でお金の管理をするようになってからは、男性という事もあって心配していた親に安心感を持ってもらうという意味も兼ねて意識的に節約生活を送ってきていましたが、節約生活を続けていくと自分自身にもいい事があると感じる機会が増えてきました。

物を購入する場合には衝動買いなどをせずにしっかりと事前に情報収集をしたり、必要性について吟味した上で購入する事により、自然と無理なく毎月頂ける収入の中でやりくりができるようになりました。

その結果生活の中でお金に関する事で悩んだり考えを巡らすといった事が無くなったので、気持ちの面で負担に感じる事が無くなりましたし仕事の事を考える時間が多く持てるようになったため、オフィスでの成績が向上しています。

考えや気持ちに余裕が持てるようになった事による恩恵は恋人や友人知人、同僚に向き合う時にも感じられ自分の気持ちに余裕があるからこそ、相手が口にしている内容をしっかりと受け取って把握した上で対応する事ができています。

そのため、意見が伝えられた時に感情的になって言い合いになるといった事が避けられ、関係性を良好に保ちつつ穏やかに解決に向けて動けるようになれました。

そのように節約生活をしていると、お金を使う必要が出てきたタイミングで出費をする対象について深く考えるようになるので、お金が上手に使えるようになったと感じています。

取り分けて理由が無く1人で飲食店に入店して食事をした場合には美味しい食事を口にして終了となりますが、

一緒に出かける方が今後も末永く良いお付き合いをする事ができると考えられる相手であれば結果的に尚一層良い成績や交友関係、収入が得られるようになるので将来への投資として積極的に出かけています。

さらに、節約生活をしていると自然とお金を使う機会が減るため自分が生活の中でお金を使っている対象が明瞭になりました。

ビジネスに繋げられる事やお世話になっている方にお礼も兼ねてお金を使う事に嬉しさを感じる事がわかったので、
ビジネス面やお世話になっている方に特に使用する事で成績が高められたり、人間関係が良好になるといった恩恵に授かれています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください