田岡りきは和歌山出身!年齢などwikiプロフを調査!経歴や作品は?

漫画家で和歌山出身の田岡りきさんをご存じでしょうか?

漫画雑誌「ゲッサン」で連載中の「吾輩の部屋である」の作者なんですが、
実写化が決まり、登場人物1人の異色連ドラか?と話題になっています。

そこで今回は田岡りきさんにスポットを当ててみました。
年齢などプロフや結婚しているのかどうか、また作品についても調査しました。

早速調査開始です!

≪8月今月の一句≫

夏本番

猛暑に不倫と

熱過ぎる

マスコミ騒ぐも

後のまつりかな

by 詠み人レンジャー

スポンサードリンク
[ad#co-2]

田岡りきの年齢などwikiプロフは?

まず、田岡りきさんの年齢などwikiプロフをみてみましょう!

・・・と言ってみたものの、直ぐに分かったことは、

和歌山出身

・・ということだけ(汗)

漫画雑誌「ゲッサン」の作者プロフィールには 『7月25日生まれ』としかないのです。
経歴は後程触れるとして、何歳なの?何年生まれなの?という疑問発生します。

で、漫画の主人公は”大学院生”なら、
もしかして、作者の田岡りきさんも「大学院生なの?」とふと考え、
在学中(?)なのか、卒業生なのか、ともかく在籍した大学を調べてみました。

結果・・・

京都精華大学 芸術学部日本画コース 卒業生

ということが判明しました。
大学HPにこんな記事がありました。

芸術学部日本画コース卒業生 田岡りきさんの作品「吾輩の部屋である」が『ゲッサン(月刊少年サンデー)』5月号(小学館/4月12日発売)で連載を開始しました。
(京都精華大学トピックスより引用)

出身大学はわかりましたが、「年齢」を確定する情報は得られず、捜査続行。

そして、田岡さんに関するニュース記事を発見し、年齢も判明しました。

◇和歌山市出身の漫画家 田岡 りきさん 27
(読売新聞ニュースより)

今年5月11日の記事なので 現段階での年齢は 28歳ということになります。

28歳にして、自分の書いた漫画がテレビでの実写化って凄いことです。
しかも、今までにない登場人物1人なので、注目される理由がはっきりしてますね。

田岡さん本人が「ドッキリでは?」と一番驚くほど 珍しいことなんです。

経歴や作品は?

<田岡さんの経歴>

京都精華大学芸術学部日本画コース卒業
・09年「第5回ゲッサン新人賞」において「宇宙人の話」で佳作を受賞
・10年「第67回新人コミック大賞 少年部門」において「ウイークエンド・フレンド」で入選
・14年『ゲッサンmini9号』(小学館)に掲載された「確かめにいこう」でデビュー

09年ということは、20歳の頃、佳作を受賞して、5年後の25歳で「ゲッサン」デビュー。
そして、2本の読み切りを経て 「吾輩の部屋である」の連載を開始しています。

(漫画雑誌「ゲッサン」より)

[ad#co-1]

まとめ

最近、テレビドラマや映画の主流となってきた ”漫画原作からの実写化”ですが、
冒頭にも書いた通り、登場人物1人という連ドラは初ということなので、
キャストも気になりますが、ドラマ自体も注目されるかも知れません。

普段の学生生活を描いた漫画なので ほんのちょっと興味のあるTーパパでした。

話題の「吾輩の部屋である」は 9月18日(月)24:59~ 日本テレビで放送予定です。

原作本は こちら

それでは今回はここまで。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください