「父親が嫌い」と息子や娘が言うのはなぜ?理由や心理は?

こんにちは。T-パパです。

子供が中学や高校生ともなると親(特に父親)とは 会話がなかったり、一緒に出掛けることもなくなって、場合によっては、「子供が父親が嫌いと言っている・・・。」ということをよく耳にします。

そこで今回は、「父親が嫌い」という息子や娘がなぜ「嫌い」と言うのか、その理由や心理を考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

父親が嫌いになる理由は?

cocoparisienne / Pixabay

 

父親が嫌い!嫌だ!・・・・って思う瞬間てどんな時でしょうか?

1)父親と同じ空間にいるの嫌!(・・・例えば、車の中)

2)洗濯物一緒に洗うの嫌!(・・・・これは、娘に当てはまるが、生理的にしょうがないだろうか?)

3)説教されるの嫌!(・・・・・言い方にもよるかな?)

4)外出する時に服装がダサい。身だしなみがなっていない。(・・・外で一緒には歩きたくない??)

5)パチンコやアルコールにはまっている。(・・・ドキっ!心あたりが・・・(苦笑))

 

実際「父親が嫌いな理由」を調べてみると

1)短気ですぐ怒る
・・・日常的にキレるなら 父親が怖い存在になりかねません。

2)他人の悪口や見下す発言をする
・・・ヘタすると「大切な友達」の悪口を言ったりバカにすることも・・。

3)頑固すぎて自分の考えを理解しようとしない

 

4)母親が父親の悪口を言ってる
・・・夫婦円満かどうかが、子供にも影響します。

5)外ずらはいいが 家では威張ってる

などなど 父親に関してあれこれネットで書かれているのが現状です。

 

ちなみに私は、娘がまだ幼い頃は 仕事が休みの日は 必ずと言っていいほど、公園に遊びに連れて行っていました。

何故なら一日中仕事オンリーで休みの日にしかコミュニケーションが取れなかったからです。

高校生になった今でも、休みの日にできるだけ一緒に買い物に出たり、
ゲームをやったりして会話をする機会を取るようにしています。

共通の趣味を持つことで、娘との距離が離れずに済みます。

「お父さん 大嫌い!!」って言われそうな年齢ですが、その点はまだ大丈夫のようです!(笑)

wondermar / Pixabay

 

息子や娘にとっての父親って?

 

「息子は父親の背中をみて育つ」というのは 聞きなれたフレーズですが、

成長するにつれて「親父を越えたい!」と思うのか、

反対に「親父の様にはなりたくない!」と思うのか、

幼い頃は”目標”であり、同じ男として常にライバルになっていきます。

一方、娘は 母親のパートナーであるが故に 両親のお互いの接し方をよ~く見ていて、

母親に対して暴言や家庭内で威張った態度をとると、父親としてだけでなく、

「男」として避けたくなる事も少なくないようです。

将来の結婚相手や彼氏を探す指針として父親の姿を見ているとも考えらます。

息子にしても娘にしても 反論したり、言うこと聞かなかったりするのは、

子供が自立し始めた証拠の現れなのだろうと私は思います。

 

 

まとめ

 

基本的に男の子は母親と気が合い、女の子は父親と気が合いやすいので

「父親が嫌い」になりやすいのは 男の子と言われています。

父親の行動や言動によって 嫌ってしまうケースが多いことは、先述したことでも明らかです。

一番 親も子供もお互い気を遣ってしまう時期が思春期であり、

やがて子供自身が親の立場になった時に

改めて「親の気持ち」や「子供の気持ち」がわかる日が来るだろうし、

実際私も親になってわかったことがたくさんあります。

いずれにせよ、子供の気持ちや意見を尊重しつつ、

「子供に尊敬される父親」になれるのが理想ですね。

それでは今回はここまで。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください